冷え性対策のストレッチ

トップページ > 冷え性対策のストレッチ

冷え性対策のストレッチ

寒さが厳しくなるにつれ、手足や腰の周りの冷えや、お腹の痛みといった冷えの症状を訴える人が増えてきます。そのまま放っておくと、頭痛や肩こり、便秘、不眠や肌荒れ、生理不順など様々な症状となってあらわれてきます。冷えは血行不順が原因で起こります。

 

その原因の元となるのが、運動不足や自律神経の不調、貧血、ホルモンバランスの乱れなどが挙げられます。また無理なダイエットによっての栄養不足や栄養の偏りなども冷えを招く原因です。ではこのような症状を軽減するにはどうすればいいのでしょうか。

 

まずはストレッチで体を動かす事から始め、かたまった筋肉などをほぐし、血液の流れを良くしていきましょう。そしてそこから更なる運動を加えて筋肉を鍛える事で、血液の循環を良くしていき、冷えの改善を目指しましょう。最初の段階ではまずストレッチをする程度で、筋肉をほぐすのと、血液の流れを良くする事を目的としましょう。

 

家でできる運動を毎日続ける事は、血流を良くするだけでなく、自律神経の働きを正常化します。心臓から遠い手や足の末梢部分は血が届きにくく、冷えやすいのでストレッチは重要です。手足を中心にストレッチを行うようにして、冷えを解消しましょう。手足の冷えで寝られないなどの悩みがある人は、お風呂上りや寝る前にストレッチをすると効果的です。

 

いくつかストレッチをご紹介しましょう。

 

まずは足首のストレッチ
・床に両足を伸ばして座り右足を曲げて左足に乗せます。
・左手の指と右足の指を組んで、右手で右足首を持って固定します。
・その状態から右足首をゆっくりと回します。(反対の足も同じようにします)

 

脚・腰のストレッチ
・床に両足を伸ばして座り、右足のかかとを左脚の股関節に近付けます。
・左手で左足のつま先をつかみ、息を吐きながら上体をゆっくりと前に倒していきます。
・伸ばした足の裏側がしっかり伸びているのを感じる所でキープしてください。
(反対側も同じようにします。無理に形にこだわらずに、出来る範囲でしてください)

 

足のストレッチ
・裸足になり、足を伸ばして座ります。
・両足の指を大きく開いたり、ギュッと縮めたりを繰り返します。
・余裕があればグー、チョキ、パーを作って繰り返してみましょう。

 

以上はどれも血行が促進されるストレッチです。他にも色々ストレッチはありますが、まずは1度試してみてはいかがでしょうか。