正しいドライヤーで育毛促進

トップページ > 正しいドライヤーで育毛促進

正しいドライヤーで育毛促進

洗髪した後、髪がまだ濡れているのにブラッシングをしたりそのまま就寝したりするとキューティクルが摩擦によるダメージで損傷してしまいます。キューティクルは髪の毛を乾燥から守っているので、損傷すると潤いを保てなくなり、髪の水分が奪われていきます。

 

髪のキューティクルや水分量を保ち、清潔な頭皮環境を維持するのであれば育毛シャンプーの使用は不可欠です。

 

加えて、髪がかたくなることで切れやすくなったり枝毛になったりします。髪の潤いがなくなってしまうと、見た目にもツヤがなくなって美しくないです。このようなことが起きないように、濡れた髪を乾かすときはまずタオルで髪を挟んで優しく包むように水分を取ってください。

 

タオルで大雑把にゴシゴシする人がよくいますが、それは避けたほうがいいです。このタオルドライが終わったらドライヤーで乾かしていきます。ドライヤーは髪から20cm程度離して使います。髪のすぐ近くからドライヤーの熱を当てると、火傷をしてしまう危険もあります。

 

ドライヤーでの髪の乾かし方にはコツがあります。そのコツとは、タオルドライの時に使ったタオルをそのまま髪に巻いてドライヤーをかけることです。

 

これをするとドライヤーの熱が直接髪に当たらないので、気を張らずにドライヤーを使えます。そして、タオルが髪の水分を吸収して蒸発するので、髪が早く乾きます。

 

また、ドライヤーは地肌を乾かすつもりで乾かしていくと、毛先の乾きが早くなります。毛先からドライヤーをかけていっても地肌に近い方の髪の水分が落ちてくるので、乾かすそばからまた濡れてしまい効率が悪いです。

 

早く乾かないとドライヤーもそれだけ長く使うことになるので、熱風を長時間当てすぎて髪をいためてしまいます。短時間で乾かせるように、紹介した髪を乾かすコツを使ってさっと終わらせましょう。

 

このように、ドライヤーで髪をいためているという人はたくさんいます。髪の毛の主成分はたんぱく質なので、一度熱によって損傷した髪の毛は元のように戻りません。

 

髪に癖がある人や、ダメージが蓄積された髪の人は特に熱の悪影響を受けやすくなっているので、ドライヤーで乾かす時も特別に気を付けて行ってください。ただ、ドライヤーの熱風を恐れるあまり中途半端な乾かしで寝てしまうと、もっと髪をいためることになります。

 

最近ではダメージヘア用のドライヤーなど、種類も豊富に販売されています。使用時にマイナスイオンを発生させてくれるドライヤーもあり、髪のダメージが気になる人にはぴったりです。

 

髪を守る為にもキューティクルを傷付けずに髪を乾かしたい、という人はこのようなマイナスイオンドライヤーを使用したり、熱風ではなく冷風で乾かしたりしてみましょう。夏場は冷風で涼しくなるので一石二鳥の効果を得ながら髪を乾かせますね。