プエラリアに含まれる植物性エストロゲンとは

トップページ > プエラリアに含まれる植物性エストロゲンとは

プエラリアに含まれる植物性エストロゲンとは

女性ホルモンの一種、それがエストロゲンです。月経がある時期の女性には、女性ホルモンの分泌の増減で体のリズムが保たれています。このバランスがくずれると、心身に不調が起こる場合があります。

 

女性の体内にあるエストロゲンが動物性ならば、プエラリアのような植物に含まれるエストロゲンによく似た成分は植物性となります。本物の女性ホルモンであるエストロゲンと分子構造も働きも似ているということで、大豆に含まれているイソフラボンなども注目されてきました。

 

エストロゲンの働き
女性ホルモンには2種類あり、その一種がエストロゲンです。女性の体を女性らしくする働きを持っており、バストを大きくしたり妊娠や出産にも大きく関係している卵胞ホルモンです。

 

よく女性ホルモンの分泌不足などといいますが、実際にはエストロゲンが一生のうちで分泌されるのはスプーン2杯ほど。非常に希少な成分で、しかもちょっとしたことで分泌のバランスが乱れてしまうのが特徴です。

 

プエラリアのエストロゲン
プエラリアに含まれる植物性エストロゲンは、大豆の数十倍ものイソフラボンを含んでいるといいます。さらには、大豆イソフラボンが持つ活性作用の1、000倍を発揮してくれるデオキシミロエステロール、ミロエステロールなどが含まれているので、活性まで全てお任せしてOKというメリットがあります。

 

ただし気になるのは、植物性エストロゲンは本物のエストロゲンと似ているだけに、体内に入ると女性ホルモンのエストロゲンと結びつきやすくなるということです。

 

これによって女性ホルモンのエストロゲンが働きを弱めてしまう恐れがあり、過剰な植物性エストロゲンの摂取に注意が呼びかけられているのです。摂取は適度に、が原則です。